EAの始め方

【FX自動売買に必須】EAに必要なPC常時稼働はVPSを無料で活用して解決する

なつき
なつき
XMの口座開設ができました。
はるかみ
はるかみ
よし!じゃあ次はXMのVPSを申し込んで、EA運用するで!
なつき
なつき
VPSって…
はるかみ
はるかみ
VPSは簡単に言うと仮想のパソコンや。
EA運用にはパソコンを起動し続けないといけないんやけど、自分のパソコンをずっと起動しとくのはリスクもある。
そんなときにVPSがあればリスクなくEAの運用ができるんや!

EAの運用にはMT4を起動し続けておく必要があるのですが、自分のパソコンだと間違って電源を切ったり、スリープモードに入ってしまって、トレードができなくなったり損益が出てしまったりというリスクが考えられます。

そんなときにVPS(バーチャル・プライベート・サーバ)を使うと、自分の仮想PCを別で持つ感じになり、そのPCは常に稼働しているのでMT4やEAを問題なく運用することができます。

今回はXMのVPSを利用する方法から、VPSに日本語版のMT4をインストールしてEAを導入できる環境を整える手順までを解説します。

XMは条件(条件は後ほど紹介)を満たせばVPSを無料で利用することができます。
これもXMがおすすめの理由のひとつです。

XMのVPSを利用する方法

VPSの申し込み方法

まずは、口座開設したXMにログインします。

XMのVPS申し込み

メニューの「口座」をクリックして表示されるページにある「VPS」をクリックします。

XMのVPS申し込み

ページ内に「MT4 VPS(有料)のリクエスト」の項目があるので、「VPSをリクエストするを」クリックします。

XMのVPS申し込み

確認画面が表示されたら「確定」をクリックして申し込みが完了です。

XMのVPS申し込み

上記の画面が表示されたら問題なく完了しています。

VPSを無料で利用する条件

XMのVPSは1ヶ月28ドルかかりますが、以下の2つの条件を満たすと無料で利用することができます。

  1. 口座残高が5,000ドル(約60万円以上)
  2. 月間取引5Lot以上

VPSサービスを提供しているBeeksFXからのメールを確認

XMの提供しているVPSサービスはBeeksFXのサーバーが提供されているので、申し込みが手続きが完了したらBeeksFXから英語のメールが届きます。

XMのVPS申し込みメール

届いたメールの赤く囲った情報が重要になります。

VSPへの接続方法

VPSへの接続方法はWindowsとMacで方法が異なりますので、分けて説明していきます。

WindowsでVPSに接続する方法

VPSの接続方法

Windowsの場合BeeksFXから届いたメールにある「Download RDP File」をクリックして、RDPファイル(VPSに接続するアプリ)をダンロードします。

RDPアプリ

画像のアプリがダウンロードされたら開いてください。

VPSへの接続

パスワードの入力が求められますので、メールに記載されているパスワード(Initial Password)を入力します。

VPSへの接続

パスワードを変えなさいとの表示が出るので「OK」をクリックして、

VPSへの接続

新しいパスワードを入力して完了です。

パスワードは大文字・小文字・数字を組み合わせて10文字以上で設定します。

VPS接続完了

これでVPSに接続できるようになりました。

※Windowsの場合は毎回パスワードの入力が求められます。

MacでVPSに接続する方法

次にMacでVPSに接続する方法です。

Macの場合はMicrosoft Remote Desktopを使ってVPSに接続します。

まず、Microsoft Remote DesktopのサイトにアクセスしてApp Storeからアプリを入手します。

Microsoft Remote Desktop

ちなみに、8と10があるのですが僕はMicrosoft Remote Desktop 8を使用しています。

VPSの接続方法

Microsoft Remote Desktopを開くと上の画像と同じ画面が開きますので、左上の「+」をクリックします。

VPSの接続方法

接続先に情報入力画面が開きますので

  • Connection name:任意のワード
  • PC name:BeeksFXのメールに記載されたIPアドレス
  • User name:Administrator
  • Password:BeeksFXのメールに記載されたパスワード

を入力して、このウィンドウを閉じると登録した情報が表示されますので、そちらをクリックするとVPSに接続できます。

VPSへの接続

ここからはWindowsと同じ作業になります。

※2回目以降はMicrosoft Remote Desktopに登録した表示をクリックすればいいだけです。

パスワードは変更後にMicrosoft Remote Desktopに登録したものも変更する必要があります。

VPS上で日本語版MT4のダウンロード

VPSへ接続が完了したら、VPS上で日本語版のMT4のダンロードをします。

VPS接続完了

接続しているPCは通常のWIndowsと一緒なので、すでにインストールされているFIrefoxからXMの公式ページにアクセスして、プラットフォームからWindows版PC対応のMT4をダウンロードしましょう。

日本語版MT4のダウンロード

≫ MT4ダウンロードページ

日本語版MT4のダウンロード

ダウンロードファイルを開いて、ダウンロードが完了したら日本語版MT4のアイコンがデスクトップに表示されます。

VPS申し込みからEA導入環境設定のまとめ

なつき
なつき
初めてでちょっとドキドキしましたが、VPSの申し込みして日本語版MT4を入れることができました。
はるかみ
はるかみ
初めは不安やろうけど、やってみると簡単やろ?
なつき
なつき
はい!英語なので心配しましたが、教えてもらった通りにやったら簡単でした。
はるかみ
はるかみ
あとは購入したEAを導入するだけやな!EA運用まであと一歩やで!
なつき
なつき
頑張ります!

VPSの申し込みやMT4のダウンロードは一度やるともうやることはありません。紹介した手順を確認しながら実施すれば簡単なので、VPSを使いたい人はやってみてくださいね。

EA運用したい人は要チェック
FX自動売買の導入解説

EA運用を始めたい人向けにFX口座解説方法から、実際に運用を開始するまでの手順や知識を解説しています。

とりあえずやってみようと思う人は記事を読んで運用にチャレンジしてください!

おすすめEA

どんなEAを導入すればいいかわからない。
そんな人向けにおすすめのEAをランキング形式で紹介しています。

とりあえず、EA運用を始めたいけど、どのEAがいいかわからない人は要チェックです!