一般投資知識

FX投資で得た収益にかかる税金に関しての簡単なまとめ

なつき
なつき
今後、FXで収益が出たら税金って納める必要はあるんですか?
はるかみ
はるかみ
FXなどの投資で利益がでたときは、ちゃんと確定申告して納税せなあかんで!
ちょっと細かい話になるから解説していくな。

株やFX、仮想通貨で利益が発生した場合、確定申告をして税金を納める必要があります。

もちろん稼いだ金額で税率も変わりますし、FXの場合は国内FX業者と海外FX業者によって税金の計算方法が異なります。

この記事では、FX投資で稼いでいざ税金を支払うときに焦らないように、税率の計算方法や仕組みについて紹介します。

FXはいくら稼いだら納税が必要?

  • 給与収入がある人:20万円以上
  • 何も収入がない人:38万円以上

基本的にFX専業じゃなく、定職があり副業としてFXをしている人は20万円以上稼いだら確定申告して納税が必要だと考えてください。

専業主婦やFX専門で生計を立てている場合は38万円以上の利益がある人は確定申告して納税が必要です。

FX投資で得た収益にかかる税金

FX投資の収益は雑所得に分類されます。

ただし、同じ雑所得でも国内FXと海外FXでは税率や税制度、納税額の計算方法が異なります。

  • 国内FX:申告分離課税
  • 海外FX:総合課税・累進課税

それぞれの違いを詳しく解説します。

国内FXの税金

国内のFXで得られた収益に対しての税金は「申告分離課税」と言い、50万円でも1億円でも「所得税15%+復興特別所得税(所得税15%×2.1%=0.315%)」に加えて、住民税5%の一律税率になります。

国内FXの納税金額例
  • 収益50万円の場合:50万円×(15.315%+5%)=101,575円
  • 収益1億円の場合:1億円×(15.315%+5%)=20,315,000円
FXの収益はポジションを決済して発生た利益や損失、またスワップが対象になります。

ボジション保有状態でスワップ損益が受け取れる仕組みの場合、スワップ収益分だけが課税対象になります。

海外FXの税金

海外のFXで得られた収益には総合課税が適用され、FX収益だけでなく給与など全ての収益を全てまとめて納税する必要があります。

また、税率は累進課税で以下の通りになっています。

課税所得金額 税率 税率の内訳 控除額
195万以下 15% 所得税5%+住民税10% 0円
195万超〜330万以下 20% 所得税10%+住民税10% 97,500円
330万超〜695万以下 30% 所得税20%+住民税10% 427,500円
695万超〜900万以下 33% 所得税23%+住民税10% 636,000円
900万超~1,800万以下 43% 所得税33%+住民税10% 1,536,000円
1,800万超~4,000万以下 50% 所得税40%+住民税10% 2,796,000円
4,000万超 55% 所得税45%+住民税10% 4,796,000円

収益が多くなればなるほど、税額が多くなる仕組みです。

海外FXの納税金額例1

<条件>

  • 収益はFXのみで500万円
  • 必要経費:50万円

<納税額計算>

(450万円×30%)-427,500円(控除額)+9,922円(復興特別所得税)=932,422円

復興特別所得税:(450万円×20%-427,500円)×2.1%=9,922円
※小数点以下切り捨て

海外FXの納税金額例2

<条件>

  • 会社の給与(源泉徴収後):500万円
  • 収益はFXのみで500万円
  • 必要経費:100万円

<納税額計算>

(900万円×33%)-636,000円(控除額)+30,114円(復興特別所得税)=2,364,114円

復興特別所得税:(900万円×23%-636,000円)×2.1%=30,114円
※小数点以下切り捨て

FX取引をする上で必要と見なされる費用は「必要経費」として、利益から減額主ることができます。

例:FX関連の書籍等、FX取引に使うPC関連機器、インターネット料金、サーバー代、光熱費

国内FX、海外FXの税額分岐点

今回、改めてFXで得た収益にかかる税金についてまとめていて気になったのは、結局国内のFXと海外のFXでどちらが税金が高くなるのだろうということ。

手数料が安い・大きなレバレッジ取引ができるなど、国内FX、海外FXそれぞれのメリットやデメリットは別の記事でまとめるので一旦置いておいて、純粋に税額の分岐点だけ調べてみると「4,391,000円」までは海外FXの税金が安いことがわかりました。

ただし、副業として海外FXをしている場合は給与も税額計算に含みますので注意が必要です。

まとめ

今回はFXで収益を得たときに必要な税制度や税率に関する基本的なことを紹介しました。

私は海外のFX業者のXMを利用してEAを導入して取引をしていますが、始めたばかりで収益金額はまだ少ないので、累進課税が適用されるのでほとんど税金がかかりそうにありません。

あなた自身の状況に応じて、国内FXと海外FXのどちらがいいかを使い分けてくださいね。

EA(自動売買)の運用におすすめのFX口座は別途まとめていますので、参考にしてくださいね。

おすすめFX口座
EA(自動売買)の運用におすすめのFX口座まとめ【国内・海外】EAの運用に適したFX口座はどこがいいのか知りたくないですか?本記事では、国内・海外でおすすめのFX口座を紹介しています。国内と海外の口座はそれぞれメリット・デメリットがあるので、この記事を参考にEA運用の口座を決めるといいですよ。...
EA運用したい人は要チェック
FX自動売買の導入解説

EA運用を始めたい人向けにFX口座解説方法から、実際に運用を開始するまでの手順や知識を解説しています。

とりあえずやってみようと思う人は記事を読んで運用にチャレンジしてください!

おすすめEA

どんなEAを導入すればいいかわからない。
そんな人向けにおすすめのEAをランキング形式で紹介しています。

とりあえず、EA運用を始めたいけど、どのEAがいいかわからない人は要チェックです!