一般投資知識

【テクニカル分析実践編】最も信頼度の高い分析ツール「水平線」を理解する

はるかみ
はるかみ
よぉ!遂になつきもチャート分析をするようになったか(笑)
なつき
なつき
初めてはFXのFの字もわからなかったんですけどね…。
はるかみ
はるかみ
よぉ!遂になつきもチャート分析をするようになったか(笑)
なつき
なつき
二文字しかないけどな(笑)

以前の記事「テクニカル分析とファンダメンタル分析はどちらが儲かるのか?」でも説明したけど、テクニカル分析はチャートが存在するものであればなんでも使えるからな!
FXだけじゃなくて、先物でもいいし仮想通貨でもいいし株でも。

なつき
なつき
そうですよね。なので一気に学んでやろうかと思ってます!今回教えてもらうのは最も信頼度の高いツールですよね?
はるかみ
はるかみ
そうやで!一番気になるとこやろ。周りの投資家でこれを見てないって人はまぁいないな。
逆にこれしか見てないって人はたくさんいるで。それだけで勝ってるってことやな。
なつき
なつき
すごいですね!いつも通り焦らさないで早く教えてください(笑)
はるかみ
はるかみ
そやな(笑)

 

今回はもっとも信頼度の高い分析ツールと言える「水平線」について解説していきます。平行線はチャートがある投資を考えている人には必須のテクニカル分析です。

知らない人は数回に渡って理解できる記事にしますので、順を追って勉強してくださいね。

最も信頼度の高い分析ツール「水平線」

はるかみ
はるかみ
じゃあ、結論からいうとその答えは「水平線」
なつき
なつき
水平線?って横に引くラインのことですよね。
はるかみ
はるかみ
そうやで。チャートっていうのはみんなの思惑で動いてるわけやから、大衆心理を読み解ければ勝てるわけやろ?
ってことは一番みんなが見ているものが一番通用するわけやん。それが水平線。

他にほとんどの投資家が見てるものって言えば移動平均線とかかな。それ以外やと有名どころがRSIとかボリンジャーとかフィボナッチとか色々あるけど、やっぱり圧倒的に水平線。やから、まずはここを学ぼか。他もいずれ解説するから!

なつき
なつき
分かりました!でも水平線って引くのは簡単でもどうやって使えばいいかよく分からないです。
はるかみ
はるかみ
そうやな。まずサポートとレジスタンスをちゃんと理解せなあかん。
水平線
はるかみ
はるかみ
これドル円の月足やねんけど、赤いチェックマークが入ってるとこって何回も投資家たちに意識されてるだろうなっての分かる?
同じとこで反発したり反落したりしてるやろ?その水平線に対して現在価格は上にいるから、水平線はサポートって言われてここまで下がったとしても上昇する可能性が高いんやな。
なつき
なつき
なるほど!
はるかみ
はるかみ
じゃあ次のチャート見てみて。
水平線
はるかみ
はるかみ
これは現在値より上にラインがあるやろ?
これはレジスタンスっていうてこの辺りまで上昇した際は逆に反落する可能性が高いってことなんよな。
サポートとレジスタンスをよく略してレジサポって言うで!
なつき
なつき
なるほど!でもこのラインってなにか引くルールだったりとかあるんですか?
はるかみ
はるかみ
4つあるねん。それぞれ紹介していくな。
レジサポを引くルール
  1. 明らかに何度も意識されているポイントで引く(緑色)※これまでの例で紹介
  2. 直近の最高値と最安値(赤色)
  3. 最高値と最安値(白色)
  4. ダウ理論でいうトレンド転換のポイント(青色)
はるかみ
はるかみ
これなんやけど、ダウ理論についてまだ勉強してない人は絶対勉強してな。
以前解説した記事の6番にトレンド転換ポイントについて解説してるで。
投資で一番大事な知識「ダウ理論」【原文の英語を読み解いてみた】 というわけで、投資で一番重要とも言えるダウ理論を原文の英語からしっかり読み解いていきまし...
はるかみ
はるかみ
じゃあ、それぞれライン引いていくからチャートもう一回みよか。それぞれのルールの後ろについてる色で線引いてるからな!
水平線
はるかみ
はるかみ
ダウ理論のトレンド転換ポイントだけ分かりにくいからチェックマークも入れておいたで!
なつき
なつき
おお、結構多いですね!
はるかみ
はるかみ
そうやろ。でもこれ月足やから一本のロウソク足に一月かかるからな。実際これを15分足とかでみたら一本も線見えへんな。
なつき
なつき
なるほど!これって月足で引くもんなんですか?
はるかみ
はるかみ
はるかみは基本

・月足
・日足
・4時間足
・1時間足
・15分足

の5つの時間足で線を引いて大局から分析してるで!
どの足で勝負するかは自分次第になるけど、15分足のトレードをすることが多いからそれより小さい足は引いてないってだけやねんけどな。

今度はこれをどう実践に使えばいいか解説していこか。
まずは宿題!

宿題

USD/JPYのチャートで5つの時間足(月足・日足・4時間足・1時間足・15分足)でそれぞれ線水平線を引きなさい。

なつき
なつき
有無を言わせず早速宿題ですか…(笑)
はるかみ
はるかみ
実践あるのみやからな!
なつき
なつき
分かりました!やってきます!

まとめ

水平線の書き方の基本について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

どこで水平線を引くのか、どのように色分けをするのかなど慣れはありますが、一番信頼度もあって重要なテクニカル分析の方法になりますので、みなさんも次の記事を読む前に一緒にUSD/JPYで水平線を引く宿題をやってみてくださいね。

水平線の理解
【テクニカル分析実践編】最も信頼度の高い分析ツール「水平線」を理解する(続き) 水平線の引き方(実践編) 《日足》 《1時間足》 どちらのボジションでトレード...
EA運用したい人は要チェック
FX自動売買の導入解説

EA運用を始めたい人向けにFX口座解説方法から、実際に運用を開始するまでの手順や知識を解説しています。

とりあえずやってみようと思う人は記事を読んで運用にチャレンジしてください!

おすすめEA

どんなEAを導入すればいいかわからない。
そんな人向けにおすすめのEAをランキング形式で紹介しています。

とりあえず、EA運用を始めたいけど、どのEAがいいかわからない人は要チェックです!